はり・灸

はり・灸

はりやきゅうをすると、自然治癒力が高まり症状の改善、痛みの緩和にとても効果的です。
当院の鍼灸(はりきゅう)治療は、整動鍼で施術します。
傷んでいる部位や、症状の動作で判別し、傷んでいる部分ではない所に鍼をする方法です。

肩こり、腰痛、膝痛、股関節痛などの身体の痛み。

便秘、頭痛、お腹の痛みなどの身体の不調にも対応できますのでご相談ください。


 鍼治療の効果

 ツボに鍼をすると、すぐに変化を感じられ、局所的な治療では得られない、気持ちよさがあります。 本当の原因が解消され、固まっている筋肉にダメージを受けること無く楽になる感覚です。

 


灸・温灸

もぐさを用いて直接肌を加熱する「知熱灸」と、肌から離して輻射熱を与える「温灸」などが一般的です。症状や体質、体調等を顧慮してこれらを使い分け、温熱刺激を加えます。
また、血液中の白血球が増えることにより免疫力を高め、自然治癒力を引き出し体質改善や身体の抵抗力をつけて病気になりにくい身体作りに役立ちます。 


鍼は効果的な技術 

鍼で最大の効果を出す為に、重要な要素となるのが「体の動きの不具合と症状の関係」を理解する事です。

 

病院の検査では異常が見られないのに、症状が出ているほとんどのケースは、体の動きの不具合からくる負担の蓄積が大半です。

 

不具合を生み出しているのは、患部から離れた箇所にある数ミリの筋緊張(ツボ)です。この緊張に鍼をして緩めると、動きの歪みがすぐに解消し、症状が軽減します。

 

数ミリの箇所への小さな刺激が、体の動きを整え、症状を根本から改善するのです。

 

この小さな緊張を正確に緩めるのには、鍼が最も適しています。


 

整動鍼とは?その効果

体の動きを整えることで症状を改善する事を整動(せいどう)と言います。そしてその鍼の治療法を整動鍼といいます。 整動鍼がもっとも重要としているのが「筋肉の連動」です。身体は個々の筋肉が個別に働くわけではなく、連動することで特定の動作を生み出します。たとえば、歩行時に、大腿四頭筋と腓腹筋を順番に収縮させる意識を持つでしょうか?少なくとも歩行にそのような意識は必要ないでしょう。

 

基本的な連動パターンはみんな同じです。痛みを伴う多くの運動器疾患では、この連動パターンに狂いが生じています。整動鍼の基本的な発想は、この連動パターンを取り戻す事になります。連動を整え身体の動きを滑らかにする事で痛みなどの症状を解決していきます。

 

当院の鍼が体に与える刺激量はわずかです。刺激量が少なければ、体への負担が少なく回復が早まります。そして、身体の動きを整えるため、「身体の動きの不具合を起こしている箇所」に鍼をしていきます。

 


灸治療 よくあるご質問

Q.はりって痛くないの?


髪の毛ほどの太さの鍼を使用しているので、注射の様な鋭い痛みはありません。
人によっては刺した事にも気付かず気持ちよく寝てしまう人もいます。

Q.クセになるって聞くけど…?


はりをすると、早く身体が楽になるため何度もやりたくなると言われますが、状態が落ち着き日常生活を気をつければ永久的に続ける必要はありません。

Q.感染症が心配


当院では使い捨てのはりを使用しております。
また、はりをする前にはしっかりと施術部を消毒してから行いますので心配ありません。

Q.副作用はあるの?


ごくまれに一時的なダルさを伴う場合があります。
これは身体の機能が正常に動き始めた証です。
また、飲み薬のように毎回出るようなことはなく1~2回程度でおさまります。